お酒のみにも嬉しい亜鉛

お酒のみにも嬉しい亜鉛

現代人はアルコールを摂取する機会が増加しています。男女に関わらずお酒を飲む方も多いのでは無いでしょうか。

 

実はお酒飲みにこそ亜鉛は積極的に摂取したいミネラルで、肝臓機能を高めてアルコールの排泄を促してくれるのです。

 

・ 少しのアルコールは亜鉛の吸収を高める
・ 肝臓の代謝を高め肝機能アップに繋がる
・ アルコールを分解する酵素の働きを高める

 

 

少しのアルコールは逆に亜鉛の吸収率アップというのは驚いた方も多いのではないでしょうか。少量のお酒はストレスを取り除く効果があるため意外と健康に良いものなのです。更に亜鉛を含む牡蠣や牛肉、チーズなどをおつまみに組み合わせれば、亜鉛の摂取量も増え健康維持に役立てられます。

 

 

亜鉛は肝臓のように合成力が高く、再生しやすい臓器には欠かせないミネラルです。肝臓はとても代謝が良く、亜鉛を補給できていれば常に新しい細胞に生まれ変わり、日々飲むアルコールの代謝も良くなるのです。

 

 

問題なのはアルコール中毒になるほどの大酒のみで、この場合は亜鉛の消費量も多くなるため肝機能が低下しやすくなります。亜鉛はアルコールを分解する酵素の働きを助けるため、亜鉛自体が不足すれば二日酔いになったり、お酒に弱いという症状が起こります。